カイスの輪 ☆時間☆|横浜市東戸塚駅より徒歩1分の歯科医院

東戸塚駅 東口 徒歩1分

マイクロスコープ完備

歯を残す治療ページはこちら

初診ネット予約受付

急患対応可ご来院前にお電話ください

045-826-5331

横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル301-2

カイスの輪 ☆時間☆

投稿日:2019年4月27日

カテゴリ:未分類

カイスの輪、今日は、「時間」についてです。

「歯」があって、「虫歯菌」が存在し、そこに「砂糖」などの糖質が取り込まれると必ずむしばになるのか?。『必ず』ではありません。そこに「時間」が必要です。

私達、歯科医療従事者は、女子が多いですから、皆んな甘いもの大好きです。チョコレート、ケーキ、クッキー、ほとんど制限なしにいただいていると思います。酒井歯科医院のスタッフももちろん甘いもの大好き。頂き物の甘いお菓子は一瞬でなくなります(笑)。

そんな、甘いもの好きな私達ですが、なぜ虫歯にならないのでしょうか?
そこには、重大な秘密が隠されておます!

嘘です。
重大じゃありません。

私達は、「時間」をコントロールしているだけなんです。

下の図はステファンカーブといいます。
普段、口の中はpH7くらいに保たれていますが、飲食することによってpHが下がり酸性に傾きます。そして『脱灰』という現象が始まります。『脱灰』とは、歯のエナメル質の重要な成分である、カルシウムやリンが唾液中に溶け出してしますことです。一旦『脱灰』してしまっても、唾液のパワーで30〜40分経過すると酸が中和され、pH7に戻ります。その際、唾液中に存在しているカルシウムやリンがエナメル質から溶け出して無くなってしまった箇所に吸着し元に戻ります。これを『再石灰化』といいます。
飲食の度に、口の中ではこれが繰り返されています。それによって、簡単には虫歯にならないように守られています。

ところが、下のステファンカーブの図のように、一日の中で飲食する回数が多いと、再石灰化する間がありません。長い時間pHが5.5以下の酸性状態になってしまいます。
こうして虫歯になってしまうのです。

私達歯科医療従事者は、この仕組みを知っているので、食べたら磨く!飲んだらゆすぐ!ダラダラ食べはしない!ダラダラ飲みはしない!ができています。
だから、たっぷり甘いものをいただいても、虫歯になりません。これが秘密の技でした!

この技、何の技術もいりません.
この仕組みを知っていただけたらどなたでも簡単にマスターできます。

皆さんも一緒にこの技で、虫歯予防しましょう!

トップへ戻る