小児歯科・小児矯正|横浜市東戸塚駅より徒歩1分の歯科医院

新型コロナウイルス感染防止について患者様へのお願い

東戸塚駅 東口 徒歩1分

マイクロスコープ完備

歯を残す治療ページはこちら

初診ネット予約受付

急患対応可ご来院前にお電話ください

045-826-5331

横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル301-2

小児歯科・小児矯正

痛みを考慮した小児歯科治療

小児歯科治療

当院では痛みを可能な限り抑えた治療を重視しています。特に小児歯科ではできるだけ麻酔を控えた治療が望ましいとされていますので、麻酔なしでも痛みを最小限に抑えられるよう、様々な工夫をして治療にあたっています。痛みを抑えた治療方法については痛みの少ない治療のページにてご紹介をさせて頂いておりますので、こちらをご確認下さい。痛みの少ない治療のページはこちらから

小児歯科で行っている5つの治療

当院では小児歯科治療において以下の5点をメインに行っています。

歯磨きのアドバイス

歯磨きのアドバイス虫歯予防には歯磨きがとても大切です。子供の頃から適切な磨き方をしていると、大人になってからもお口の中の健康を保つことにつながります。

当院ではお子様にもわかりやすく、また楽しく歯磨きのアドバイスをさせて頂きます。

フッ素の塗布

フッ素の塗布生えてきたばかりの永久歯は虫歯菌からの攻撃に弱い状態です。

フッ素を歯の表面に塗り、虫歯になりにくくなるよう強化していきます。

シーラント

シーラントこちらは奥歯の溝を埋める治療方法です。奥歯の歯間は永久歯が全て生えそろうまで安定しないことが多くあります。そのため奥歯の虫歯はこのような溝からできてしまうことが多いのです。

当院では奥歯の溝をフッ素を含む専用のプラスチック素材で埋め、虫歯の予防を行っています。

虫歯治療

虫歯治療乳歯の虫歯はその後生えてくる永久歯に影響を与えます。またお口の中の虫歯菌の量が増え、他の歯が次々と虫歯になってしまうことも考えられます。

特に生えたばかり、もしくはこれから生える永久歯はまた柔らかく虫歯菌に弱いため、乳歯の虫歯が原因で永久歯が虫歯の状態で生えてきてしまうなんてことも考えられます。乳歯の虫歯もしっかりと治療しておきましょう。

小児矯正

小児矯正小児矯正は顎の発育を適切に促進させ、永久歯が生えるためのスペースを確保することを目的に行います。顎の発育が遅れている状態で永久歯が生えてくると、十分なスペースがないため歯並びが悪くなってしまいます。

当院では、大きく歯を動かす矯正治療は行っておりません。ご相談を頂いた際には信頼できる矯正歯科医院をご紹介させて頂きます。

お子様の歯を虫歯から守るためには

お子様の歯を虫歯から守っていくためには、以下のポイントに注意してあげてください。

  • 食後の歯磨き(保護者の方の仕上げ磨きでお口の中を確認してあげる)
  • 栄養バランスの良い食生活
  • 糖分の多いおやつを避ける(決められた時間におやつをとる)
  • 口呼吸とならないように、口を閉じる癖を付ける
  • 歯科医院での定期的な検診

妊娠中の方への歯科治療

妊娠妊娠中の方、今後妊娠予定の方には特に注意して頂きたい点があります。歯周病は早産や流産、そして低体重児のリスクを高めると言われています。そのため歯周病の改善はお子様の健康のためにもとても重要なものとなります。

また当院では妊娠中の方への適切な治療を行っておりますので、妊娠中に治療を受けたい場合にはぜひ当院までご相談下さい。

当院が実施した治療症例をご紹介

反対咬みのお子さんに当院が実施した矯正治療の症例

▼前歯一本が反対咬み(下の歯が前に出ている状態)になっているのを心配されてご来院されました。

矯正治療症例

この状態のままだと将来は歯並びは悪くなると考えられるので、全体的な矯正治療の必要性をご説明しましたが、現時点ではそこまでは考えていないとの事でした。前歯の咬み合わせだけでも治しておいた方が良いことをご提案し、治療に入りました。

①矯正治療の開始

矯正治療の開始

装置を装着して治療の開始です。これを食事の時も、寝ている間も、24時間はめていただきます。子供は意外と異物感や咬みにくさを訴えることなく、嫌がらずにはめていてくれます。

※取り外しが可能な装置は、決められた時間装着しないと適切な矯正効果が得れず、治療期間が延長する場合もございます。お子様の矯正の際には、ご家族がしっかりサポートをしてあげましょう。

②矯正治療開始から2ヶ月

矯正治療開始から2ヶ月

矯正治療開始から2ヶ月、ここまで改善しました。

③矯正治療終了

矯正治療終了

②から、さらに2週間後の口腔内写真です。左右の前歯がきれいに並び、反対咬みが改善されたため、装置を除去。矯正治療終了としました。

年齢(初診時) 7歳11ヶ月
治療期間 約3ヶ月
治療費 100,000円(税別)
※再診の都度、3,000円(税別)の調整費用を別途いただきます。
※1~2週間に一度の調整が必要。

乳歯が干渉して正常に生えて来れない歯を矯正治療により改善した症例

▼診断にて主訴とは異なる歯並びの異常を発見し、矯正治療で改善を行った症例をご紹介致します。

小児矯正治療例

こちらの患者様は虫歯治療を主訴にご来院されました。ご両親は気付いていらっしゃらなかったのですが、第一大臼歯(6番目の歯)が乳歯の後ろ側にひっかかり、うまく生えてこれないでいるを診断にて発見しました。このままでは第一大臼歯はまっすぐ生えてこれずに、横に飛び出すか、もぐったままの状態になってしまい、将来の歯並びに悪影響を及ぼす可能性が考えられます。そのため、虫歯治療と並行して歯並びの改善をご提案し、同意をいただきました。

①矯正治療開始

矯正治療開始

乳歯と第一大臼歯(6番目の歯)の間にゴムを挟み、第一大臼歯を引き起こします。

②3週間後/治療完了

治療完了3週間後には第一大臼歯が十分に引き起こされていたので、ゴムを外して治療を終了しました。
※症例によっては、何度かゴムを交換することもあります。

③治療完了より3週間後

サンプルイメージ

治療完了から3週間後の状態です。乳歯との接触が改善されたため、順調に生えてきています。

成長段階のお子さんは虫歯以外のお口のトラブルも多くございます。こちらの症例のように、生えかけの歯に乳歯が干渉しているかどうかは、毎日の仕上げ磨きでお子さんの歯を見ていても、なかなか気付かないものです。今回の症例を通して、歯科医院での定期検診がとても重要であることがおわかりいただけると思います。

治療期間 3週間
治療費 10,000円(税別)
※途中、ゴム交換を要する場合には1回につき3,000円(税別)

戸塚にて小児歯科への受診をご検討の方へ

小児歯科

当院ではお子様の治療だけでなく、妊娠中の方へのアドバイスも行っております。妊娠中の安全な歯科治療にも対応しておりますので、戸塚にて小児歯科やマタニティ歯科をご検討の際には東戸塚アルプス酒井歯科医院までご相談ください。

トップへ戻る