親知らずの抜歯・移植|横浜市東戸塚駅より徒歩1分の歯科医院

東戸塚駅 東口 徒歩1分

マイクロスコープ完備

歯を残す治療ページはこちら

初診ネット予約受付

急患対応可ご来院前にお電話ください

045-826-5331

横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル301-2

親知らずの抜歯・移植

痛みを抑えた親知らずの抜歯

痛みを抑えた親知らずの抜歯

親知らずを抜くと聞くと痛いというイメージを持たれる方も多いことと思います。ですが現在の歯科医療では麻酔の技術も向上し、痛みを最小限に抑えた治療が可能となっています。痛みに不安をお持ちの方でもご安心頂けるよう、当院ではわかりやすいご説明をさせて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。

抜歯すべき親知らずは大学病院にて対応

親知らずを確認し抜歯すべきと判断される際には、近隣の大学病院の歯科口腔外科をご紹介させて頂いています。こちらでは万全の体制で痛みをほとんど感じることなく親知らずの抜歯が可能となっています。

親知らずの移植治療について

親知らずの移植治療

親知らずは適切に生えていても咬み合わせに直接影響を与える歯でないため、不必要な歯のようにも感じられます。ですが、別の部位の歯を失った際に親知らずを移植して咬み合わせを復活させる治療があります。通常であれば歯を失ったらブリッジやインプラント、入れ歯などを検討することとなりますが、親知らずが残っている際には親知らずを該当部位に移植することができます。親知らずは自分自身の歯ですので、異物反応が起こることは少なく、生体親和性はとても高い素材と言えます。

移植治療のメリットとデメリット

移植治療のメリットとデメリット

親知らずの移植は自分自身の歯を利用して修復ができるため、拒絶反応のようなものは起きにくく、他の歯への負担も軽減することができます。また保険適用範囲での治療も可能なため、メリットは多いと言えます。ですが、移植後の経過が思わしくない状態となることも希にあるため、歯科医院での適切なケアが求められることになります。

親知らずの移植条件

どのような状態でも親知らずの移植ができるというわけではなく、移植には条件があります。歯全体や根のサイズ、移植部位などから判断をし、親知らずの移植により咬み合わせを復活させることができるかを確認致します。

親知らずの移植の流れ

精密検査

レントゲンやCTなどを使用し、移植する歯、移植先などの状態を確認し移植可能であるかを判断します。患者様へ治療計画をご説明させて頂き、ご納得された上で治療を行っていきます。

移植手術

移植手術では、抜歯をして移植、そして縫合を行っていきますが、短時間でスムーズに行っていくことが求められます。時間をかけてしまうと治療後の経過に影響を与える可能性が高まりますので、手術前の入念な準備、計画通りの手術がとても大切です。

歯の消毒と抜糸

手術後1週間ほど経過したところで消毒や抜糸を行います。その後2週間ほど経過した際に再度ご来院頂き、移植した歯の神経を治療するため、根管治療を行っていきます。

被せ物を装着

根管治療が終わったら被せ物をして咬み合わせを修復します。周囲に炎症や痛み、違和感などがないことを確認して治療完了となります。

戸塚にて親知らずの検診・抜歯・治療をご検討の際には当院へ

親知らずの検診・抜歯・治療

当院では親知らずの将来的な再利用も考慮した上で、抜歯の判断をさせて頂いておりますので、親知らずについてご不安をお持ちの際にはお気軽にご相談下さい。抜歯が必要となった際には可能な限り痛みを抑えた治療をご案内させて頂いておりますので、戸塚にて親知らずの検診・抜歯・治療をご検討の際には、東戸塚アルプス酒井歯科医院までご来院下さい。

トップへ戻る