歯を抜かず残す治療|横浜市東戸塚駅より徒歩1分の歯科医院

東戸塚駅 東口 徒歩1分

マイクロスコープ完備

歯を残す治療ページはこちら

初診ネット予約受付

急患対応可ご来院前にお電話ください

045-826-5331

横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル301-2

歯を抜かず残す治療

可能な限り抜歯の選択を致しません

歯を抜かず残す治療

どのような場合においても抜歯を回避できるわけではありませんが、当院では可能な限り抜歯の選択をしないよう、様々な治療を行っております。抜歯の判断は歯科医によって異なります。そのため他医院にて抜歯を勧められたケースであっても、当院であれば別の治療方法にて抜歯を回避できる可能性もあります。抜歯をせずに治療を行いたい方はぜひ当院までご相談下さい。

抜歯となってしまう原因は3つ

抜歯となってしまう原因

抜歯せざるを得ない状態となる原因は大きく分けると3点になります。当院ではこの3点についての治療を重視しており、可能な限り抜歯を回避できるよう、治療を進めさせて頂きます。

① 虫歯で抜歯になるのを避けるためには

重度に虫歯が進行した場合は抜歯を勧められることも多いと思いますが、下記のようにまだやれることはあります。

精密歯内療法

精密歯内療法

マイクロスコープやCT、ラバーダムを使用して歯の根っこの治療を行うことで歯を抜かずに残せる場合があります。歯内療法について詳しくはこちら

神経を抜かないMTA治療

神経を抜かないMTA治療

歯の神経を保護するMTAという歯科用セメントを使用することで神経を活かしたままにすることができるかもしれません。

歯根端切除術に対応

歯根端切除術に対応

歯の根っこに大きな膿袋ができた場合、抜歯を宣告されることが多くありますが、歯根端切除術で病巣ごと感染根を除去すれば残せる場合があります。

エクストルージョン

エクストルージョン

歯の残存面積がほとんどなくなってしまった場合でも歯を上方へ引っ張り上げることで、歯根として継続させる方法です。歯ぐきから上に残存歯がない場合に引っ張り上げます。

歯を抜かないためのエクストルージョン法について詳しくはこちら>>

② 歯周病で抜歯になるのを避けるためには

歯を支える骨である歯槽骨を溶かす病気である歯周病の悪化により、歯を支えられなくなり歯がグラグラになって抜けてしまうという状態です。

院長は歯周病治療科で歯周病を専門に学んで参りました

院長当院院長は日本歯科大学新潟歯学部において4年間、歯周病治療について専門で学んできた経歴を持ち、歯周病治療には人一倍こだわりをもって取り組んでおります。

マイクロスコープの使用

マイクロスコープ

細かな歯石や歯周ポケットの奥に付着してしまった歯石を除去する際には、マイクロスコープを使用し視野を拡大して取り残しのないように治療を行っていきます。肉眼のみでの治療よりも精度が高くなりますので、当院の治療においてマイクロスコープはとても重要な存在です。

歯周組織の再生療法

歯周再生療法

歯周病などで失われてしまった歯周組織を再生させる際には歯周再生療法であるエムドゲインにて対応します。歯を支える骨の再生を促して、しっかりと歯を支えられる状態にしていきます。

歯周内科

歯周内科

お薬を使用して免疫力を向上させることで、体の内面から歯周病原因菌と闘うという発想の元生まれたのが、歯周内科治療です。外面治療と内面治療の両方のアプローチで歯周病の改善を目指します。

③ 歯根破折で抜歯になるのを避けるためには

歯や歯の根っこが折れることです。こうなってしまった場合、ほとんどの場合で抜歯を勧められると思いますが、まだやれることはあります。

再植

歯が折れても、その歯を一旦抜いて、丁寧に感染源を取り除いたうえで接着し、再度埋め込んで予後の安定を図るという再植治療も行っております。

移植

最悪歯を抜くしか無い場合でも適合できる過剰歯があれば、それを抜歯して抜けた部分に移植するという処置にも対応しております。

戸塚にて可能な限り抜歯を回避する歯科医院をお探しの方は当院へ

抜歯を回避する歯科医院

東戸塚アルプス酒井歯科医院では、抜歯をせずに治療を行う低侵襲治療に力を入れております。どのような場合においても抜歯を完全に行わないということは難しいのですが、様々な治療法の中から抜歯を回避できる手段を模索し、大切な歯を残せるよう治療を行います。戸塚にて可能な限り抜歯を回避する歯科医院をお探しの際には東戸塚アルプス酒井歯科医院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る